幼児教育とはどういう物か

subpage01

幼児教育とは、1〜6歳くらいまでの子供に対して行う教育のことです。

Reutersをあなたに紹介致します。

「英語」「数学」「運動」「芸術」などの他、「情操教育」「しつけ」「マナー」なども含まれます。


これらは、基本的に個々の幼児に合った物を行います。それにより、才能を伸ばしつつ、スムーズな人間形成が可能となります。

そして、幼児教育には、大きく分けて2種類の方法があります。
一つ目は、「家庭内での教育」。

一昔前は、幼児教育は家庭外で行う物とされていましたが、昨今は知育玩具やタブレットの普及などにより、家庭内でも行いやすくなりました。


教材には、上述の知育玩具やタブレットの他、絵本やCDなどが使われています。

特に知育玩具は、安全性および機能性が高まってきており、外国製の物も含めて多くの商品が販売されています。

赤ちゃんが寝かしつけの情報がいっぱい詰まったサイトです。

二つ目は、「家庭外での教育」。



こちらは上述のように昔からある物で、「英語教室」「ピアノ教室」「体操教室」などが挙げられます。
こういったことを小さいうちから行うことで、才能を伸ばしやすくなります。

それだけでなく、あえて外で活動させることにより、家族以外の人間と関わらざるをえなくなります。

それにより、社会性も早く獲得できるようになります。

ただし、これは絶対にやらなければいけないのかというと、そうではありません。

たいていの子は幼稚園などである程度の社会性は獲得しているので、さらに何かをさせるのであれば、その子がやりたいことをさせてあげるべきでしょう。

教育コラム

subpage02

幼児教育とは1歳から3歳くらいまでの子供に施す教育のことを指します。この時期には考え方の基本や感受性、人格などが形成されていきます。...

NEXT

教育関係の真実

subpage03

大人になってから英語をマスターしようと思うと大変です。英会話スクールに通ったり、参考書などを買って何とかしゃべれるようになったという人も多いでしょう。...

NEXT

教育の秘訣

subpage04

子供というのは、小学校に入ってから勉強をするようになり、様々なことを学んでいくものですが、実は小さな頃から色々なことを学んでいく事になります。そういった点から考えた場合、幼児教育というのは、思ったよりも複雑で大切なものという事が出来ます。...

NEXT

教育の話

subpage04

幼児教育をする際、将来立派な人間に育ってもらうためについ力を入れてしまいがちですが、このとき、あらゆることを強制しないように注意しましょう。例えば、遊びたい時期にも関わらず、将来困らないように勉強を強制させてはいけません。...

NEXT